忍者ブログ

準廃紀行
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニメ見ながら綬勲集めしてます
そんなわけで感想文

・マギ
最初のダンジョンをクリアするあたりまではおもしろかったです
そこから先は控えめに言ってかなり酷い

帝国に併合を突きつけられる

ババ様「帝国に女を奴隷狩りされそうになったり、ババ様暗殺されたりしたけど帝国に下るのじゃ!戦わないことこそが一族の生きる道じゃ!」

奴隷としての生を選んだようです

そりゃ戦ったら物量で圧殺されるけどそれでも奴隷狩りするような国の下につくって・・・
せめて他の国の庇護下に入ろうよ
一応将軍は信用できるみたいな根拠があるけど将軍さん部下を掌握できておらず造反されるような人やで・・・
そのうえ前王の娘で権力基盤も弱いからどうしようもないと思う
黄牙一族はこの後弾圧される未来しか見えない


アリババくん帝国第一皇女との交渉する

アリババくん「明日結ばれる人権譲渡条約なしにして☆あとクズ王が譲渡したあらゆる海洋権、通商権、国土の利権だけど国が変わったからそれも破棄にして☆」

皇女「は?通るかそんなもん!戦争するか?お?あ?」

シンドバット「バルバットとは同盟組んでるから戦争はやめたほうがいいよ」

アリババくん「破棄してくれたら友好国として扱うよ☆」

皇女「陛下に相談してみる(錯乱)」

シンドバット「帝国に一歩も引かないなんてやるじゃないかアリババくん!(意味不明)」

なんかもう笑っちゃったわ



アリババくんバルバットを共和制にすると宣言

愚民たち「え?共和制?なにそれ??なんだか知らんけどバルバット共和国万歳!!」

カシム「浮かれてるけどおまえたち王族貴族への恨み忘れたの?」

愚民たち「そうだった王族貴族は殺さないと(錯乱)」

何で突然民主主義がでてきたんやろか
封建制と思われる国にいきなり民主主義やれって言われても不可能ってレベルじゃねーぞ
リベラルの理想が現実の限界に達したとき虐殺と弾圧が始まるから下地も戦略性も何にもないバルバットはこの後すごいことになるに違いない(確信)


他にも突っ込みどころは多数あったけど
なんかもうね全体的にリアリティがなかった
途中で切っちゃいました
PR
本当は2週間前に更新しようとしてたんですけどぉ・・・
MHFに復帰しました

 
前回のナス韋駄天のやつ
倒すのでさえめっちゃ苦労しました
こんなタイムでさえ最終的に40位台でした



祭Pなどで交換できないHC素材
めんどくさかったです
全てパートナーさんが剥いできてくれました


棍めっちゃ強いですね
ジャンプに肉質反転は棍の特性ってことでいいけど

抜刀ダッシュ、受身関連
これは全武器に実装すべきでしょう・・・ずるい
amazonからおすすめ商品のメールが届いた

 
どうしてこうなった
赤い皇帝と廷臣たちは欲しいと思ったけどめっちゃたけぇ
サンホラって物語調な曲ってくらいしか知らなかったけどアルバムで一つの物語だったんですね
調べてみたらいろんな人の解釈がおもしろかったです
古いアルバムなだけあって解釈は出尽くした感じでした

『エルの肖像』
オルフェウス少年は廃屋にある肖像画のエルに一目惚れ
エルこそが理想の女性だということで探す

『エルの絵本【魔女とラフレンツェ】』
エルはすでに死んでいた
なので冥府の番人ラフレンツェを誑かして孕ます
エリスと名付けた娘にエルの魂を宿らせて蘇らせる
用済みとなったラフレンツェを捨ててとんずら
ブチギレ発動(ド根性+火事場+2)したラフレンツェはオルフェウスとエリスに呪いをかけて、代償として死ぬ
オルフェウスは呪いで仮面の男ABYSSになる

『エルの天秤』
呪いをかけられたエリスは不治の病状態
エリスの命が死へと天秤が傾いていくのを阻止するには金がいる
金を手に入れるなら強盗殺人誘拐何でもやるABYSS
そんなとき伯爵令嬢が政略結婚が嫌で使用人の男と駆け落ち
伯爵ブチギレ発動
アビス「用件を聞こう」
伯爵「おお・・・アビス13・・・!」
伯爵令嬢と使用人が自由になるにはもう少し
あとは船で遠くへ逃げるだけ
船頭に扮したABYSS「残念だったねぇ!」
伯爵令嬢はお帰りの船旅へ
使用人の男は殺されて海へ捨てられた
お魚さんたちが食いやすいように細切れにしてな~~
報酬の金貨を手にルンルンのABYSS
今日は娘エリスの誕生日で誕生日プレゼントに絵本を買ってきてうきうきのABYSS
めっちゃ油断しててたらブチギレ発動した伯爵令嬢に後ろから刺された
伯爵令嬢逃亡
死の瀬戸際だけど娘の待つ家へ帰ろうと這いずるABYSS

『エルの楽園[→side:E→]』
エリスの待つ家の前まで来てABYSS
笑いかけてくるエリスを夢想して扉に手をかけた力尽きる
ABYSSが手を尽くして命を保っていたエリスだからABYSSが死ねばどうなるかは自明の理
眠るように沈んでいく意識の中でABYSSが教えてくれた楽園に思いをはせる
「ねぇパパその楽園ではどんな花が咲くの?」
「ねぇパパその楽園では鳥が歌うの?」
「ねぇパパその楽園ではもう体は痛くないの?」
「ねぇパパその楽園ではずっと一緒にいられるの?」
「ねぇパパ…………」

『Ark』『Baroque』『Yield』『Sacrifice』『StarDust』
彼女こそ私のエリスなのだろうか……→人違いでした^^;
身が朽ち果てても呪いで冥府に行くことができないABYSS
エリスを見つけるためにタイムトラベルだかパラレルワールドだかをさまよう
「こいつエリスじゃね?」って思ったら拉致ります

『Ark』
どっかの人体実験施設
禁断の海馬に手を加えてって言ってるからたぶん脳みそクチュクチュ系
コードネーム妹がコードネーム兄と相思相愛だと思っていたけど拒絶されて兄をコロコロ
妹はABYSSに拉致られる

『Baroque』
親友にレズ性癖をカミングアウト
親友に告白したけど親友はノーマルだったので拒絶された
恐怖のあまり親友コロコロ
レズはABYSSに拉致られる

『Yield』
父親に恋しちゃった娘
うっかり近親相姦したら孕んじゃった
3ー1+1-2
父と母はコロコロ
残された赤ん坊
娘はABYSSに拉致られる

『Sacrifice』
障害持ちだけど美少女で無邪気な妹
知性は顔に出るから池沼じゃなくて身障かなって思ったけど無邪気な笑顔=頭が緩いって解釈すればやっぱり池沼なのかもしれない
両親も死んで妹を支えるためにがんばる姉
村の男たち「妹は面倒見ててあげるから仕事がんば^^」
妹孕む
村の男たち「^^;;;;(みんな視線を合わせない)」
大問題になって宗教裁判

可決されて妹火刑
姉「てめえらに今日を生きる資格はねえ」
ブチギレ発動して村人皆殺しして村人王者になる姉
姉はABYSSに拉致られる

『StarDust』
メンヘラが男に浮気されて男をコロコロ
約束って言ってHG持ち出してることからたぶん「浮気したらぶっころがすぞ」的な約束をしたんだと思う
きっちり執行するあたりガチである
メンヘラはABYSSに拉致られる


『エルの楽園[→side:A→]』
現実が朽ち果てて楽園へと行ったエリス
そんなわけなくて死後も呪いは健在だった
そこは楽園じゃなくて奈落だった
妹レズ娘姉メンヘラの物語はそれぞれのタイトルの頭文字をとってABYSS(奈落)ということらしい
エリスは笑いながら奈落へ堕ちていく

『エルの絵本【笛吹き男とパレード】』
エリスを探すパレードはどこまでも続いていく
冥府に背を向けて
推定エリスをパレードの列に加えながら
去る者は決して赦さないっていってるから推定エリスはたぶん代用品
奈落へ堕ちたエリスはすでに肩に乗っているのにそれにも気づかないまま
パレードはどこまでも続いていく


全然救われない物語な感じでした
ハッピーエンドの方が好きなんですがバッドエンドは心に残りますね
澱みのような残り方だけど

楽園wwwwwwソヴィエトwwwwwww
元の曲の軽快な音楽の裏に潜む不気味さと恐怖感がソ連と雰囲気あってていいと思いました


ウラー:万歳。督戦隊(突撃を敢行しない兵士=敗北主義者を背後から機関銃で撃ち殺す部隊)に急かされたかわいそうな兵士たちがУрааа!と叫びながら突撃していく。

世界革命:世界革命論。世界を共産化して国という概念をなくすこと。レーニンやトロツキーの最終目標だった。スターリンが一国社会主義論を唱えたため無かったことにされたから世界革命は目指してなかったりする

ヨシフ:偉大なる指導者同志スターリン。スターリン暗黒帝国の絶対皇帝。靴屋の息子から東側社会の頂点とか立身出世ってレベルじゃない。

エジョフ:大粛清の実行責任者。用済みになったら大粛清は党の意思に反し、エジョフの暴走だったことにされて大量虐殺のすべての罪をなすりつけられて粛清される。

ベリヤ:鬼畜ロリコンレイプ魔。スターリンの残忍な要求に遅滞過不足なく応え続けた有能な人

トロツキー:レーニン時代のNo.2。スターリンに権力闘争で敗北して国外追放された。後、暗殺された

ゴーリキー:知らん

トハチェフスキー:縦深戦術を編み出した人。軍事的天才。ソ連干渉戦争でスターリンの恨みを買って大粛清初期に粛清された。

ヤーコフ:スターリンの息子だがスターリンは息子に無関心だった。「ナチスに屈したやつなど息子ではない」「(捕虜交換の提案に対して)元帥と中尉(ヤーコフ)を交換するやつがどこにいるのだ」

レーニン:すべての元凶。理想は本物でも現実には追いつかなかった。死後、スターリンに勝手に防腐処理され廟に永久保存され権威の象徴として利用されつづける。
プロフィール
HN:
性別:
男性
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
掲示板
                                 
                                    
最新コメント
[03/16 koukai]
[01/14 star]
[03/16 star]
[08/03 こきん]
[06/09 star]
最新トラックバック
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © Negligence All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]